愛知県の賃貸

愛知県の郷土料理を調べてみると、味噌がよく使われていることに気づきます。

味噌煮込みうどんや、味噌カツ、味噌おでんは特に有名です。

愛知県でよく使われる味噌は、大豆と塩、水だけの材料で作る豆味噌(八丁味噌)です。

米味噌や麦味噌よりも大豆の量が多いため、植物性タンパク質の塊のような食品です。

愛知県民は昔から豆味噌を使って作る赤だしを飲んできました。

愛知県民は、豆味噌を食べることによって健康を維持してきました。

徳川家康は江戸に移ってからも、三河国から八丁味噌を届けさせていました。

尾張国出身の豊臣秀吉や織田信長も八丁味噌を使った料理を好みました。

俗に「名古屋めし」とも呼ばれる名古屋料理は、味噌カツに代表されるように、真っ黒な味噌だれを使うため、一見すると味が濃さそうで塩分も強そうに思えます。

しかし、豆味噌の色が濃いのは、長期熟成をさせているためですから、塩分量は際立って高くはありません。

豆味噌には抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれているため、老化予防や美肌効果も期待できます。